【いのちの名前】させみちのり樣

佐瀬先生との出逢いは…商工会議所主催の『起業塾』でした。8年前に参加し勢いだけで開業届を出してしまってから・・・7年が過ぎます。本当に今思えば勢いだけでしかなかった様にすら思います。

逆に今の自分だったら・・・重い腰を動かすには年齢も勢いも…と正直思う自分も少しだけ居ます。

おそらく今だから思うのですが、きっと当時の自分では想像できない色んな課題や問題。壁をコツコツこなし、諦めかけ…それでも諦めきれなかった想いが今の原動力になっている様にも思います。

佐瀬先生は30年以上金融機関勤務を経て、M.Sコンサルティングを設立。平成24年一般社団法人秋田県中小企業診断協会設立と同時に代表理事としてご活躍されております。

そんなすごい先生にご教授いただき、多くのことを感じ、希望に満ちていたからこその勢いだった様にも思います…そして、再び繋がっていただいたことで改めて教えの深さを考えました。

先生が教える言葉に・・・

つながること。つづけること。つみあげること。この3つの言葉に想いを託すとお伺いしました。

8年前…おそらく私はその言葉の本当の意味を感じ取れなかったかもしれません。起業して壁にぶつかりつつ、手探りで歩いてきたからこそ感じる

言葉の本当の重さ…意味を私なりに感じました。そして本当に、わかりやすい言葉で物事の真意を伝えている言葉であると感じます。

先生は言います。その人の人生を豊かにするためのお手伝いが経営支援であると。

経営やビジネスはいい時ばかりではなく、辛く苦しい時もあり、場合によっては「やめる」という選択肢がその人の幸せだと思って時はハッキリと進める時もあるそうです。思わず口をついて出た一言が核心をついてしまう事も多く、目の前で涙を流されることもあるそうです。最後にはその涙が嬉し涙になるように、経験やノウハウを全霊を込めて関わるんだそうです。

私はただただすごいお仕事であり、人情の熱い先生だからこその人生観に触れ心動かされました。

そしてさせみちのり先生の【いのちの名前】が完成いたしました。

今、未知なるウイルスにより私たちの生活は大きく変化を遂げようとしています。まさに経営や生活で困難な状況を迎え、暗闇の中にある人も多いかと思います。

そんな時代だからこそ、絶やすことのできない技術・伝統や価値。想い…を私は大切にしたいと感じ、今回の個展ではそんな方々を取り上げさせて頂きました。

氷彫刻師の辻昭一郎様。

川連漆器蒔絵伝統工芸士 佐藤渉様。

家族の絆を大切にする  秋田市とまとの店 高橋万里子様

声優アニソンシンガー 陽向咲希様

make peace 主宰 美容家 田口慎一郎様

特別支援学校 教師 武田奈穂先生

大塚昌和先生

皆様の【いのちの名前】お披露目してゆきたいと思います。

ガラスは写真撮影が非常に困難なため、実際の作品とはかなり異なる印象もございます。

コロナの影響次第では個展の開催自体困難になる可能性もございますが、実際に足を運んでいただき、作品を見て感じていただけると幸いに思います。

個展の際、同時開催しております恒例の趣味部門豪華バージョンで検討しております。今年は大好きな作品でもある【鬼滅の刃】でびるさん製作厄除の面とガラス展示。【東方Project】ゴーマの森様製作 八雲紫衣装展示・ガラス展示。と…これまでの趣味部門集大成ともいえる作品展示予定をしております。

感染予防のためマスク着用でのご観覧をお願いいたします。

趣味部門に関しまして、今後天使の羽音ガラス館・別館での常設展示も検討しております。ガラス館では東方Project 十六夜咲夜の衣装も展示予定で検討しております。体調の優れない方のご来館はご配慮いただけると幸いです。






志村けんさんのガラスがご遺族様に届けられました。

志村けんさんのお兄さんの奥様から、お電話頂きました。

イザワオフィスの3名の方々により、志村けんさんのご実家に私の作ったガラス彫刻が届けられたそうです。

電話の途中で…志村けんさんのお兄さんが代わって下さり

一緒に贈らせていただいた蓮の花のLEDキャンドルと共に、仏壇に飾っていますと言っていただきました。

ガラス工芸って、素晴らしいんですね

電話の向こうでお兄さんが言ってくださった言葉に、溢れる想いで…ただただ、本当にありがとうございましたとしか言えなかったのですが…頑張ってくださいねという言葉を頂戴しまして、もう胸がいっぱいになりました。

兼業という選択をしていることで、色んなことが重なり…自分自身思い悩んでいたこともありました。

それでも、サンドブラスト…という分野では教室も多く存在し目が肥えているであろう東京の方に、自分の作品を【ガラス工芸】と言っていただけたこと。素晴らしいと仰って頂けたこと…本当に奇跡に感じました。

そんな中で想うのです。
悪いことばかり…続かないし
いいことばかりも続かない
時々どうしようもない壁があるから
乗り越えようと懸命に頑張れるんだなと心の底より感じました。

誰かのために、届けたい想いがある限り…ガラスに向き合い続けたいと思いました。

自分しか表現出来ない【カービングマインド】で少しでも誰かの心に届く感動を育て続ける作家でありたいと思いました。

今回の件で関わってくださった多くの方々に、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

感謝とともに改めてご冥福をお祈りしたいと思います。