2021年 冬から春への分岐点

走り続けた先に、見える景色を想像していました。

自分が心動かされるままに突き進み、なにかを手にしたかったのかも知れません。

それでも、立ち止まる時があります。

大きな分岐点に位置していました。その分岐点とはおそらく人生を根底から変える様な、出来事であり

わたしの価値観を大きく変えました。

人がどこに向かい、なにをするための使命を持って生まれてきたのか

考えさせられる人生の転機を迎えていました。

この世に生まれ、幸多い人生である様にと与えられる最初の贈り物【名前】

唯一無二の存在であり、生きる証が【名前】であり、生涯を終えるその日まで、大切に護られる想い。

その【名前】をアート作品にし、その方の生き方を刻む作品【いのちの名前】

その生涯を終え、仏門に入った証として与えられる【戒名】

実は・・・墓石に戒名を彫る技術を身につけるべく、進もうとしています。

それが叶うことで、わたしはその方の一生を凝縮し、生きた証を刻む彫師になれると思ったのです。

作家として目指す未来…それはいのちに寄り添うことであり、そして表現することです。

今できる限りの術、すべてを駆使してまでも、向き合いたいもの。

キラキラに輝くいのちであり、その方の生き方に触発され成長し続けられる自分の姿なんだと思います。






2020年想いをよせて

慌ただしい年であったと同時に、自分にとっては重要な1年になりました。

天使の羽音として、一度閉めたお店を開ける覚悟をし、自宅の工房兼店舗を開き、ガラス館設立。

多くの出会いと、繋がったご縁からいただいた企画であったり、作品の中でも川連漆器【蒔絵】とのコラボは未来を大きく変えてくれました。

そして兼業ゆえ学ぶ機会に恵まれた1年でした。

看取りをやらない前提でも、最期のときを過ごす方がいらっしゃいます。

その度、壁にぶつかります。

人生とは…死とは…真摯に向き合う機会が、私の人生観を築いてくれるんだと思います。

その経験は自然と普段創るガラスに反映されます。

だからこそのテーマが人生となり、その方の考え想いを表すことが課題となっていったように思います。

人は必ず最後の時を迎え、そこをめざし精一杯輝くために生きている。

いかに最期までその人らしくあることをテーマにお手伝いをしたり、消えそうになる灯火を、夜勤者とバトンのようにつなぐ事が課題であったり。

いつも考えさせられます。

なにが正解かわからないまま試行錯誤の日々。

それでも託された想いが存在します。

大切な家族を託す背景には、いろんな葛藤や想いもあるのかもしれません。

最善の選択として託される想い。

叶うのなら家族さんが一番してあげたいことを、専門職として託されている現実を改めて感じています。

看護師となって、気が付くと30年が過ぎようとしています。離職していた時期もありましたが、それでも重ねた月日は自分を成長させ、人生を豊かなものにする為の学びと変えてくれました。

そんな歩みこそ、自信となり兼業するという今のスタイルに落ち着いたように感じます。

兼業する為には、どちらも中途半端な覚悟は許されないと私は感じます。

なので目の前のことをこなす事で、精一杯な時も多いです。

だからこそ、周りで支えてくれる仲間だったり、理解してくれる存在がとても重要で

人に恵まれていると感じます。

自分1人で出来ることなど限られているからです。

でも、周りにそれを得意とし頼れる存在がいるからこそ、そんな方々に出会って来れたからこそ

今の私がいて、天使の羽音が存在します。

すべての出逢いに感謝し、ご縁をいただけたこと…心より感謝申し上げます。






オーダー完成いたしました

今回のご依頼は…3度目となるリピーターN様。出会いは【まるごと市場】でした。

天使の羽音の活動の基盤を作っていた時期からの、お客様になります。

お客様を通じて、私の知らない世界を知るきっかけになる事もあります。

ワンちゃんの世界にはドックショーという、犬種のなかのトップを競う競技会があるのだそうです。その競技には一つの展覧会に120頭から多い展示会ですと1000頭を超えるワンちゃんが参加。その頂点を競うんだそうです。

その頂点にたち1頭だけ選ばれる【ベストイン賞】

もう、ただそれだけでもすごいのに…なんと【ベストイン賞】を受賞された方への贈り物として、想いを託していただきました。

そのお話を聞いたのは実は完成後でして…。毎回とっても美しいワンちゃんを制作させていただいていたのですが…どうりで美しすぎる訳ですね。

本当に素晴らしいワンちゃんのお名前は【Claire】ちゃん。

飼い主様。送り主様より許可をいただいて掲載させていただける運びとなりましたこと、感謝申し上げます。

まずは陰影をつけたいところにサンドブラストをかけました。

こちらに【いのち】を吹き込む作業が、ルーターとなります。

陰影をつけながら、立体的に仕上げることで

天使の羽音の作品は生まれます(*´ω`*)

お客様のご要望を聞くことから始まる【ガラス彫刻】そこには世界に一つだけの、お客様の想いが凝縮されます。

私は作家として、択された想いを形にします。

今という瞬間を永遠ものもにしたい。

それはもはや商品ではなく、作品になるのだと思います。

簡単な作品であれば、納期は短いのですが…本格的な作品となりますと多少お時間をいただくことになります。

納期のご指定がある方は、あらかじめご相談していただければ助かります。






モダン仏壇…初お披露目して来ました。

天使の羽音の作家活動の先に目指すもの…それは【祈りのかたち】なのかなぁと最近感じています。

新しいお家が建てられ、最近では神棚やお仏壇というスペースだったり…【祈りのかたち】というものが変わりつつあるように思います。

現代風のお洒落なインテリアと、代々受け継がれて来たはずの伝統が変わる瞬間なのかなぁと、私は考えています。

私の子供時代は、おばあちゃんがいて…おじいちゃんがいて。

大家族の中で育ちました。なので自然と神棚に手を合わせること、祈ることは日常だったように感じます。

そんな私も独立し、手狭なアパート暮らしの中

神棚を準備しよう。神様をお迎えしよう…ごめんなさい。怒られるかもしれませんが…そんな意識が実は全くありませんでした。

むしろ家を建ててから…神棚が必要かなと。揃えたことを覚えています。30代だったと思います。

さらに月日は流れ…年齢を重ね思うのです。

幼い頃習慣になっていた事さえ、いつしか手を合わせていない自分に気づきました。私がそうなので…

勿論…娘たちが率先して手を合わせ祈るはずがないのです。

その部分に気がついた時、正直大きな衝撃を受けました。

私達はつい、目の前の現実や日々変わる生活様式に…本来大事にされてきた【祈る】という部分を疎かにしていることに気がついたのです。手を合わせる習慣さえなくし、インテリアに合わないからと初めから、神棚さえも構えないお家があるという事を知り愕然としました。

ご先祖さまを大事にするという想いすらも…日々の多忙な現実で風化させてしまうのではないかと思いました。

祈るということは…自分の命のルーツでもご先祖さまに感謝し、周りに感謝することだと思うのです。

古来から大事に受け継がれてきた想いや祈りの形を、新しい時代にあった物として表現できないかと思って2年前に生まれたのがガラスの神棚【光の神殿】でした。

伊勢神宮をルーターメインで彫りました。
LED照明を二つ使い分けてみました。

鳥居はサンドブラストで深めに表現しました。

2枚のガラスを合わせ、一つのLEDで照らしますとこのようになります。

【光の神殿】を作った当時は…まだ本当の意味で『天使の羽音』が目指す先は見えていませんでした。

それから2年が過ぎました。私は普段看護師として勤めております。職業柄…死という瞬間はとても身近で、そして突然起きるとという現実。

多くの最期の時間…家族さんの想いに寄り添ってきました。

その中で私の作家としての、本当に目指す先に気がつきました。【今】という瞬間。日常の幸せな笑顔を、永遠に色褪せることがないように…。

そしてその方が何を大事にし、どんな言葉を伝えたいのか。

どんな生き方を歩んできたのか…表現したいと考えるようになりました。

それが私独自が彫りあげる【カービングマインド】心を彫る…という意味合いで名付けたお品になります。

その方の大事にしている言葉や想いを…30センチのガラス板に表現することで【いのちの名前】が生まれました。

大きな文字を繋げると、その方の名前になります。

こうして受け継がれる想いがあるように…元気な「今」という瞬間を切り抜いたガラス彫刻は、時には支えとなり…時には慈しむ時間を共に過ごす。

息子さん、娘さんからお父様お母様に贈るギフトの形となり、やがて最後の瞬間を迎えた時。

そのギフトが贈り主に・・・伝えたい想いと一緒に戻ってくる。

それが【天使の羽音】がお届けできる最高級のギフトだと思うのです。

川連漆器蒔絵伝統工芸士佐藤渉さんとのコラボ作品

色のない世界から、色のある世界へ生まれ変わることができたのは、川連漆器蒔絵伝統工芸士 佐藤渉さんと出逢いからでした。

そして生まれた「モダン仏壇」こそ、こちらのお品になります。

蒔絵も含めてすべてオプションから予算に応じて、選んでいただけるように設定したおります。

届かぬ思いがないように…耳を傾け、心を彫る。

それが天使の羽音ができる、お客様へのお約束です。






11月のopen日

本日もopen予定ですが…10日はアルヴェの起業家交流フェスタに実演販売します!

イニシャルグラス800円

そして…公な場では初公開になる

コラボ作品…【川連漆器蒔絵伝統工芸士)】佐藤渉さんの作品をお持ちします。

新しい…祈りの形のご提案をしてきたいと思います。

蒔絵の繊細な美しさをぜひ見にいらしてください!

もちろん、店頭でも展示しております






新作・ガラス彫刻と蒔絵のコラボが実現しました

川連漆器_蒔絵伝統工芸士【佐完漆器】の佐藤渉さんとお会いしました。

初めてお会いしたのは・・・5月頃だったと思います。

作品を拝見し、その繊細な美しさとガラスに描く蒔絵ということで心を動かされました。

そして今回の企画【ガラス彫刻と蒔絵のコラボ】が実現しました。

新しい時代に受け継ぎたい・・・伝統とカービングマインドという独自の彫り方で作り上げるガラス彫刻の新しい可能性。

早速・・・試作品をつくり佐藤さんに託しました。ガラスに施す蒔絵は色漆を密着させ、色むらをなくす目的で三度塗りをするそうで製作には1ヶ月ほど必要となります。

そして…完成したお品はこちらとなります。

まずは…耐熱マグカップ

オーダーから生まれた作品となります。

萩原さんという方へ贈りたいと、ご相談をお受けしまして飼い猫ちゃんと、萩の花にじゃれる猫ちゃんの姿をご提案させていただき、ガラス彫刻にいたしました。

底面に佐藤さんのアイディアで虹の中を歩く…猫ちゃんの肉球を蒔絵で施していただきました。

野菊のオーダーになります。

こちらからは私が見本としてオーダーいたしましたガラスとなります。カービングマインドという立体的に陰影をつけながら人の表情を作り上げた代表的な作品を3種類用意しました。

同じテーマで予算の異なる紫陽花と、最高級クリスタルガラスには牡丹の花を描いてもらいました。

ガラス彫刻20センチ5200円+蒔絵3000円
ガラス20センチ5200円+蒔絵5000円
最高級クリスタル30000+蒔絵7000

こちらのモデルは、私の人生に大きく影響を与えてくださった方です。その方と過ごせた時間はほんの僅かな時間でありました。

人に感謝をすることの大切さと、いのちが有限だということを教えてくださいました。

この方に贈ったガラス彫刻が有りました。当時の私の技術では陰影すらつけられない精一杯の作品でしたが、その方がよく口にする言葉をガラスに刻みました。

印象的で今でも私の心に遺っています。

その言葉はいつしか…必ず訪れるその時、同じ様に言える様な人生を重ねたいと強く思いました。

その方に渡したガラスは…まもなく遺された家族さんの手元へ還りました。

私も【人に恵まれた人生でした】

そう笑って、その時を迎えたい。感謝の言葉を大切に生きたいと感じたと同時に

ガラスで何を誰に届けたいのか。

人生かけて…の挑戦は最後の瞬間をどう遺すのか。

ガラスで何を誰に届けたいのか。

これが私が提案する【カービングマインド】心を彫るという意味でつけた彫り方

【いのちの名前】という商品タイトルに繋がっています。

本当の意味でお客さんに、育ててもらってきました。

お客さんの声から商品化へと繋がりました。

家族にどんな言葉を、託したいのか…永遠のテーマでもあると思います。

ガラス彫刻の最終形態…のあり方を考えるきっかけはいつしか…世代から世代へ、受け継がれるガラス彫刻。

【カービングマインド】というGiftとなりました。

モダン仏壇としてのご提案・祈りの形を身近に…

蒔絵に関しまして店舗で展示しております。ガラス彫刻もそうですが、実際に見ていただけると蒔絵の素晴らしさもより感じていただけることと思います

デザインに関しましてもすべてオーダーメイドで対応していただけます。

また、ガラス彫刻は施工せず蒔絵のみのご相談も窓口として対応しておりますので、ぜひご来店お待ちしております。






5月のOPEN日

遅くなりましたが…5月のOPEN日決まりました。週1回のペースで無理なく続けていこうと思います。

とりあえず22日、29日金曜日10時から16時までOPEN致します。

ネットショップやメールオーダーは随時対応可能ですので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

OPEN企画としてLINE@ご登録の方イニシャルグラス800円相当1個プレゼントしております。

2個目から有料になりますが…よろしければご活用いただければと思います。

また、OPENに合わせて特価300円ベビーシューズ企画

ミニバラ特価500円企画もONLINE SHOPでもご紹介しております

各先着1点限定企画となります。

ONLINE SHOPからご購入になりますと送料が発生します。

店舗受け取りでも可能ですが…限定商品となりますので、メールかLINEでご予約いただければご対応させて頂きたいと思います。






ホームページリニューアル

天使の羽音リニューアルオープンに向けて、ずっと整えておりましたホームページとネットショップがやっと形になりまして…公開できる運びとなりました。

当初リニューアルOPENを予定しておりました5/3でしたが先日もお伝えしたように新型ウイルスの影響から自粛しております。

次いつからOPENするのか…正直私の中で、まだ決まっていない状況でもあります。

というのも自粛期間がまだ確定していないことと、より一層良いお店になる準備をコツコツしております。

日々ちょっとづつ進化しているお店スペースです。今日は過去作品をデジタルフォトフレームで流せるように☆°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝と設定をしてみたり…ギフトショップという意味では欠かせないギフトカードを整えてみたり。

そして新たな試み…ガラスと一緒に音声でのメッセージを贈くるための方法を研究しております。(๑˃ᴗ˂)و♡

新型コロナウイルスの影響で、延期となった期間…はより一層、お客様に喜んでもらえるお店になるための更なる準備期間として考えようとOPENを心待ちにしております。

もちろんコロナウイルス対策も整えております。マスクやアルコールの手指消毒や定期的な換気。加湿。非接触式の体温計まで準備している次第でもあります。

それでもね、やはり不安は拭えないかとも思います。そのためにネットショップの開設であったり、これまで通りにLINE@やメールでのご注文も問題なくお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

OPEN後もはしばらく、予約制という体制も考えております。

お客様と新しく生まれ変わった空間で、ゆっくりとした時間を過ごすことは、ある意味とても贅沢でもあり、私的にはとっても嬉しい時間のような気も致しまして、これ迄通りゆっくりとしたペースで無理なく進めてゆきたいと考えております。

日程等も含めて…お気軽にお問い合わせいただければと思います