モダン仏壇…初お披露目して来ました。

天使の羽音の作家活動の先に目指すもの…それは【祈りのかたち】なのかなぁと最近感じています。

新しいお家が建てられ、最近では神棚やお仏壇というスペースだったり…【祈りのかたち】というものが変わりつつあるように思います。

現代風のお洒落なインテリアと、代々受け継がれて来たはずの伝統が変わる瞬間なのかなぁと、私は考えています。

私の子供時代は、おばあちゃんがいて…おじいちゃんがいて。

大家族の中で育ちました。なので自然と神棚に手を合わせること、祈ることは日常だったように感じます。

そんな私も独立し、手狭なアパート暮らしの中

神棚を準備しよう。神様をお迎えしよう…ごめんなさい。怒られるかもしれませんが…そんな意識が実は全くありませんでした。

むしろ家を建ててから…神棚が必要かなと。揃えたことを覚えています。30代だったと思います。

さらに月日は流れ…年齢を重ね思うのです。

幼い頃習慣になっていた事さえ、いつしか手を合わせていない自分に気づきました。私がそうなので…

勿論…娘たちが率先して手を合わせ祈るはずがないのです。

その部分に気がついた時、正直大きな衝撃を受けました。

私達はつい、目の前の現実や日々変わる生活様式に…本来大事にされてきた【祈る】という部分を疎かにしていることに気がついたのです。手を合わせる習慣さえなくし、インテリアに合わないからと初めから、神棚さえも構えないお家があるという事を知り愕然としました。

ご先祖さまを大事にするという想いすらも…日々の多忙な現実で風化させてしまうのではないかと思いました。

祈るということは…自分の命のルーツでもご先祖さまに感謝し、周りに感謝することだと思うのです。

古来から大事に受け継がれてきた想いや祈りの形を、新しい時代にあった物として表現できないかと思って2年前に生まれたのがガラスの神棚【光の神殿】でした。

伊勢神宮をルーターメインで彫りました。
LED照明を二つ使い分けてみました。

鳥居はサンドブラストで深めに表現しました。

2枚のガラスを合わせ、一つのLEDで照らしますとこのようになります。

【光の神殿】を作った当時は…まだ本当の意味で『天使の羽音』が目指す先は見えていませんでした。

それから2年が過ぎました。私は普段看護師として勤めております。職業柄…死という瞬間はとても身近で、そして突然起きるとという現実。

多くの最期の時間…家族さんの想いに寄り添ってきました。

その中で私の作家としての、本当に目指す先に気がつきました。【今】という瞬間。日常の幸せな笑顔を、永遠に色褪せることがないように…。

そしてその方が何を大事にし、どんな言葉を伝えたいのか。

どんな生き方を歩んできたのか…表現したいと考えるようになりました。

それが私独自が彫りあげる【カービングマインド】心を彫る…という意味合いで名付けたお品になります。

その方の大事にしている言葉や想いを…30センチのガラス板に表現することで【いのちの名前】が生まれました。

大きな文字を繋げると、その方の名前になります。

こうして受け継がれる想いがあるように…元気な「今」という瞬間を切り抜いたガラス彫刻は、時には支えとなり…時には慈しむ時間を共に過ごす。

息子さん、娘さんからお父様お母様に贈るギフトの形となり、やがて最後の瞬間を迎えた時。

そのギフトが贈り主に・・・伝えたい想いと一緒に戻ってくる。

それが【天使の羽音】がお届けできる最高級のギフトだと思うのです。

川連漆器蒔絵伝統工芸士佐藤渉さんとのコラボ作品

色のない世界から、色のある世界へ生まれ変わることができたのは、川連漆器蒔絵伝統工芸士 佐藤渉さんと出逢いからでした。

そして生まれた「モダン仏壇」こそ、こちらのお品になります。

蒔絵も含めてすべてオプションから予算に応じて、選んでいただけるように設定したおります。

届かぬ思いがないように…耳を傾け、心を彫る。

それが天使の羽音ができる、お客様へのお約束です。






癒しがテーマのお店です

2日間…お天気にも恵まれて制作日和(*≧▽≦)

7年前。お店を始めた時は雑貨屋さんでした。その後色々厳選されつつ3つのマイブームがありました。

それは天然石、サンキャッチャー、樹脂粘土。ガラスは安定して変わらなかったものの、主軸ではありませんでした。続けていると変なサイクルがあって、時期を変えながら売れるものが変わるんですね。

お客さんの動向なのか…気まぐれ店主が作る故なのかは、考えることは少なかったのですが…。

そんな中で生き残った…ガラスが主軸となり、リニューアルopenした訳です。

店主もガラスで生きていくんだと心に決めたはずが…いつも脱線。

心惹かれるものに、恋してしまうんです。キャンドルから始まり…水草…ドライフラワー…ステンドグラス…そして苔や流木。

全てに言えるのは…癒しなんですね。

何に心奪われたか…単純に言ってしまえばそれだけ。

でも、心奪われる魅力あるものを、まずは大事にしてゆこう。好きな物を集めたおもちゃ箱になりたかったんです…7年前は。

そこからガラスに特化して行った訳なんですが…人は基本変わらない!そんな訳で店主の完全なる趣味の店。

心躍る楽しいことを楽しんで、良い品をご紹介する。そんなお店でいいのかな…そんな着地点が見えてきました。

ローズマリーのリースになります。


まだフレッシュなので…ゆっくりゆっくり…
乾燥Time

そして本日入荷したのは…流木とエアープランツ。

一体何屋さんって言われる前に言ってしまいます!

【癒し】がテーマのお店です!

ガラスもそうですし、趣味程度の大好きを集めたら…お店になった。まさにそんな感じです。

コロナ禍と言われ…限界体制の日々に癒しを…というわけで緑や植物の魅力を改めて感じています。

ガラスギフト専門店ではありますが…基本オーダーがメインとなり、お客様と一緒に作り上げてゆく…店主の趣味の店

それが【天使の羽音】です。