「未分類」カテゴリーアーカイブ

遊学舎展示会、ありがとうございました

さきがけ新聞様【北斗星】で取り上げていたこともあり、金照寺山の歴史や文献を知りたいという方々に、たくさんご来館頂きました。

本当にありがとうございました。

観音様ボランティアスタッフ有志の方々が、説明に来て下さり心強い限りでした。私は仕事もあり展示会に行けたのは数日でしたが…それでもお会いしたかった方にお会い出来ました。

前回の生涯学習センターのご縁で、金照寺山に参拝に通われている地元の方よりフォトブックのお礼状を頂いておりました。

なんとその方に直接お会いできました。参道の整備を嘆かれていたお手紙…本当にそこからスタートでした。

観音様像の存在を知ってもらいたい、荒れ果てた参道の現状を知って欲しい

何か出来ることはないかと…始まったガラス展でした。新聞で取り上げていただけたこともあり、連日賑わっておりました。観音様をガラスに彫刻する事で頂いたご縁に、心より感謝しております。

遊学舎、まもなく終了です

ひとつの展示会で2度の取材を受け、そして新聞にも掲載頂けたこと感謝しかありません。

少しでも多くの人に金照寺山の観音様を知ってもらいたいと始まった企画展。

今日はさきがけ新聞の【北斗星】に掲載頂きました。

限られた文章にその方の熱や想いが凝縮される…凄いことです。

表現者であり続ける…それは作品に想いを託すこと。見た方に訴える力になる事を改めて感じました。

遊学舎の企画展も残すところわずかとなります。14日撤収日ですので、お早めに足を運んでいただければと思います。

お礼状を頂きました

企画展のフォトブックを送らせていただきましたかたより、お礼状が届きました。

楢山に住んでいらっしゃる68歳男性からでした。毎週最低1度は金照寺山観音の参拝に伺っているそうです。企画展でもありましたように…参道の荒れは酷く10番観音様の前には大きな倒木がある現状を嘆かれておりました。

1人では参道の倒木もどうしようもなく…と。本当にそうなのです。私も1人ではどうしようもない現状を少しでも知って欲しい。

何とかできないものかと…開催した企画展でもありました。

この個展をきっかけに、整備に手を貸してくださる方が現れてくださることに希望を託し、広くお願いしたい思います。

そしてお手紙にあったように…参拝の度に小枝を片付け整備に務めている地域の方の想いも大切に引き継いでゆきたいと感じたお便りでした。

温かなお便りに励まされつつ、これまで以上にガラスに向き合い、頑張りたいと思います。

ミモザのヘアゴム

春の近づ気を感じさせるミモザ…お気に入りのヘアゴムが切れてしまって

ゴムの入れ替えが不可能だったので…思い切ってバレッタにリメイクしてみました。

大好きなレースと、ガラスビーズをあしらって作ってみました…♪*゚

久しぶりにガラス彫刻以外のハンドメイド(*´ ꒳ `*)楽しかったです

うみがめのあしあと…一歩先へ

長い入院期間を経て、今日は約1年ぶりに学校へ登校しています。

そして私は控え室でくつろいでいたりします。

終業式の今日から…春休みが始まって。また、長いお休みになっちゃうんだけれど…それでも晴々している笑顔が嬉しい日です。

自閉症と診断されたのは3歳の時でした。

今思えば…自閉症と病気・統合失調との闘いの日々でした。自傷がはじまったのは小学校5年生の頃から…希死念慮が強くてほとんど学校は行けていませんでした。

何度となく入退院を繰り返しながら、この春高校2年生になろうとしています。

シングルマザーとして、2人の自閉症の娘を育てて来ました。

本当に大変だった日々も、今は笑って話せます。上の子は成人したとはいえ…まだまだ周りからのサポートを必要としています。

そして下の子も…諦めかけていた学校に向けて一歩を踏み出しました。

自然素材の絵の具で絵を描きたいと言っていた娘は、冬の間玉ねぎの皮や人参などから絵の具となるエキスを抽出し、春の草花が芽を出すのを楽しみにしていました。

今日久しぶりに登校し、学校内の作業班の中で草木染めに挑戦していることを知りました。

そんな学校からマリーゴールドの草木染めのハンカチを頂きました。

そんな娘達と二人三脚。

時には周りの人達に支えられながら、歩いてゆきたいと思います。

プレゼント企画

たくさんのご応募ありがとうございました。

繋がっていただいたご縁に感謝を込めて、気持ちばかりですが…ご応募くださった方々にオリジナルフォトブックを発送させていただきました。

宛名を書かせていただきながら、皆様からの温かなメッセージに心温まる思いです。

本当にありがとうございました!

想いを寄せて頂きました

ガラス彫刻作家さんとして

秋田市で活躍中の

幼なじみのゆみちゃんから

愛あふれる贈り物が届きました。

以前秋田魁新報「郷」の表紙に

当時の職場の皆さんと載った時の私を

ガラスに彫ってくれたそうです。

表紙の中の私も

ガラスの中の私も

めちゃめちゃ笑ってます。

最近思い悩んでばかりで

こんなに笑ってないなあ…

ガラスと一緒に

心あたたまるメッセージが添えられていて

そんなことを言ってもらえるような人間じゃないのに、と何だか気恥ずかしく。

幼い頃から誰にでも分け隔てなく優しい人、ゆみちゃん。

それは大人になってからもちっとも変わっていなくて、その優しさに私は勇気づけられ、励まされてきました。

私はこんなに大人になっても

まだまだ人間が出来ていなくて

あなたのような嘘偽りのない優しさをもてる人間になれたらと、いつも憧れています。

そしてその優しさは

ゆみちゃんの作り出す作品からもしっかり伝わってきて

これは時に言葉をこえる立派な伝達手段だなと

表現者として生きるゆみちゃんを

私は友達として誇らしくさえ思います。

素敵な素敵な贈り物をありがとう。

一生大切にします。

今回、友人に許可を頂き掲載させて頂きました。

一生大切にします…その言葉に鳥肌がたちました。誰かのこれからの人生に影響を与えるような作品を作ることは、作家として生涯かけて歩む課題でもあります。

感謝の意を込めて、FBに掲載された感想を転記させて頂きました

本当にありがとうございました

生涯学習センターでの個展…ありがとうございました。

雪もすっかり溶け、春を迎えた秋田市です。

個展の開催期間中は、多くの皆様に足を運んでいただき、沢山のご縁を頂きましたこと、感謝しております。

雪が少なく、暖冬とはいえ足元の悪い中本当にありがとうございました。

ご挨拶が遅くなってしまったこと、申し訳ありませんでした。伝えたい想いを伝えるには言葉が足りず…期を逃してしまっていたようにも思います。

約1ヶ月のご来館者数は2633名様だったそうです。

実に多くの方の目に留まり、楢山金照寺山の観音様を知ってもらえる機会となったことを願いながら、お礼の言葉にしたいと思います。

そして同時開催出来ました。娘の作品【ウミガメのあしあと】

温かなメッセージ…ありがとうございました。実は再入院という形で再び、闘病しております。

そんな彼女の病室には、感想を書いて頂きましたノートを励みに頑張っております。

次回の生涯学習センターでの、個展は9月の予定となります。

そして好評でした観音様の個展は場所を変え展示会として、4月遊学舎。6月NHKホールに場所を移して開催予定となりました。

個展開催にあたり、ご協力下さった皆様には心から感謝しております。

本当にありがとうございました!

生涯学習センター個展でのプレセント企画もまもなく発送させていただきます。

お手元に届くまで、もう少しお待ちいただけましたら、幸いと思います。

ガラス展 守り受け継ぐ想い 金照寺山の観音様

秋田県生涯学習センターで開催されていたガラス展も残すこと、本日一日となりました。

秋田さきがけ新聞様

読売新聞様

掲載頂き、ありがとうございました。

チラシを置かせてくださった…皆様。

お陰様で個展は天候の悪い2月でありながら、大盛況て終わりを迎えられそうです。

実は個展開催前後、体調が思わしくなかったこともあり…私発信の宣伝はほとんど出来てなかったのですが、そんな中でも足を運んでくださった方々には、本当に感謝の念しかありません。

個展のテーマであった金照寺山の観音様ということで、歴史に関わり深い方からのアドバイスを頂戴し、また県北方面での個展開催のきっかけを頂けたり…本当に多くのご縁をありがとうございました。

会場に毎日のように足を運び、観音様のボランティアを広げようと人力下さった…REISUIさん。

会場となった生涯学習センターの皆様、本当にありがとうございました。