「個展のご案内」カテゴリーアーカイブ

うみがめの あしあと

2018年も間もなく終わろうとしております。

1年間多くの方に支えられ、たくさんのことを感じ考えさせられ年でもありました。

人との繋がりに救われ、心動かされ…表現者でありたいと切実に願い、ガラスに向きあってきました。

プライベートでは…入院した娘の代わりに、由利高原鉄道さんにカカシを届けたり…そんな娘も1月には退院予定となりました。

治療中長く感じた入院も、やっとゴールが見えてきました。

実は1月の個展会場の傍らで…娘の作品展示を予定しております。

【うみがめの あしあと】

叶芽という名の『な』を抜いて『かめ』と呼ばれていた時があります。嬉しい時、悲しい時色々な気持ちをそのまま作品にした『かめ』だからこそ表現出来た抽象画『心シリーズ』となります。

実は娘…2歳の時自閉症と診断されております。小学校高学年から症状の悪化が著しく、学校にも行けない時期が長くありました。

中学に進級した後も…高校生となった今も…おそらくまともに通えている日の方が数える程かと思います。

中学で養護学校に進学したことで、出会った友達に救われる一方で、また別の友達に傷つき躓いて…。

唯一の救いは表現する事でした。

きっかけは学校で応募したパラリンアートのサッカーコンテストでの受賞でした。

入選したことでパラリンアート登録作家となり、2018年エックスワン美がテーマのコンペで『虹のばら』優秀賞受賞

CYBERDYNE「人とロボットの未来」を描くデザインコンペ

思春期の娘『かめ』の心の葛藤はまさに時には破壊的で、その衝動が自分に向いて苦しむ…ながい長い、抜けられない闇と共にありました。自分の思いを伝えるのが苦手で、時には言葉にできない想いを表現し続けてきました。

そんな彼女が自らお披露目をしたい。誰かに見てもらいたい!という願いを叶えるため、今回個展会場に飾らせて頂ける運びとなりました。生きるエネルギーに満ちた『うみがめの あしあと』一緒にご覧いただけたら嬉しく思います。

今年最後の作品

個展に向けて着々と準備が進んでおります。

この企画を進めることで、観音様に携わる方がとお会いし

歴史を知る作業は、多くの人の想いを知るという事のように思いました。

自分に何かできることはないかと、思い立った企画でありました。

得意な事で、何かできる事・・・私にとってはガラス彫刻であり、Reisuiさんにとっては、動画制作であったようにも思います。

その想いが投じられた湖面に広がる波紋のように、音楽という世界で活躍されております琴の先生 藤井翠祥様に作曲をしていただけました。

元画編集では佐々木様…に。

そして2000部あったチラシもポストインではなく、人の手から人の手へと……多くの方のご協力の元届けられております。

一人では到底なしえないことを、得意な方の知恵をお借りし観音様の企画に進んできたわけです。

ひとりの力では何事も限界があります。

今回の企画を通じて、力を寄せる事で無限の可能性を教えていただきました。

そして歴史を知ることで、古来から寄せられきた観音様への想いもまた、引き継ぐ大切さも教えられました。

人との関わりが希薄になってきている昨今。

関わりの大切さを肌で感じ、人の想いや情熱が人の心を動かすという事。

そして支えるのも、また人の想いであるという事を知りました。

だからこそご縁を大切にしたいと思っております。

想いを大切に向き合う術と考えた時

私にとってはガラス彫刻であると気づきました。

そして観音様一体一体、彫りあげるたび次の課題に向き合い

1枚1枚、彫り方や技法を変えながら取り組んできた過程に終わりはなく、現段階で厳選された10数体の観音様を表現させて頂きました。

今後も守り受け継ぐ想いとして、地元秋田の歴史や地域活性化の一つのテーマとして、創り続けたいと思います。

少しでも多くの人に想いが届き、秋田市楢山にある金照寺山の三十三観音を知っていただき、足を運んでくださる方が少しでも増えることを願っております。

秋田県生涯学習センター1階ロビーにて1/17より2/13まで開催します。

秋田市山王中島町1-1

地図URLはこちら

https://goo.gl/maps/ARrPEmTCtU12

ガラスと向き合う

先日、東京にあるサンドブラスト教室に行ってきました。

サンドブラストは工芸とも言える技術があり、ガラスを彫る工程から基礎を学ぶ訳なのですが、感覚を習得してゆくという感じが私には強く感じます。

私はこれまで独学でガラスに向き合ってきました。電動ルーターに出会ってから25年。

そしてサンドブラストを初めて2年になります。本格的な技術を学ぶには東京に行かなくてはならず…

独学という選択をし、ワタベ先生の教材を通販で購入…ただガラスを彫りたい。その想いだけで自分と向き合い作り続けていました。

そして先日私はワタベ先生の元へ通い始め4作品目を習ってきました。

本物の作品に触れ、教室に通い始めた時は、その技術を学べるというだけで、嬉しくてガラスが変わったと…心から喜んでました。

でも、期間が空き…回を重ねるたび、その難しさ繊細さの壁を感じ悔しくて、作風を変えたくて壁にぶつかりました。

その壁は私自身が作ったものでもありました。貪欲に作品への変化を求めて、より一層すごいガラスを作りたい。

本当に欲なんだと思います。

変わってゆく作品を自分自身が一番、見たいのです。魂の宿るガラスを作りたい。

作り上げたもので誰かの心に響く、そんな作品を作りたい。

今回、観音様を彫らせていただいている今だからこそ、本当にすごい観音様を作りたい

その想いのあまり…作れなくなる…いわゆるスランプでした。

個展に協力してくださる方々の想いを、日々感じ私の中で着実にカウントダウンが始まっていたさなかでした。

個展に向けて準備しなくてはならないことは多く、作品ができたから開催するのではなく制作途中だったりするわけです。

個展まで一ヶ月を切り、その中で作風を変えたい…普通に考えてありえない事をやろうとしたわけです。

そしてぶつかる壁でした。

これまでの薄いカッティングシートから、厚いゴムシートに変えました。

より深くガラスを彫るためには、薄いカッティングシートでは限界があるのです。石の彫刻に使うゴムシートに変え、彫り方を根本的に変えました。

これまで表から彫っていた彫り方を、裏から彫る彫り方へ変えました。真逆のことをする事でこれまでのガラスを変えようとしたのです。

そしてやっと、納得のいく作品ができました。

新.天使の羽音として、やっとスタートにたちました。

そして今、観音様の個展を通じて…多くの人との繋がりが広がっております。

金照寺山の自然を知ってもらおうと観音様ボランティアのRisuiさんが動画を製作しています。その動画で使用する為の曲を作曲してくださったのは秋和流 大正琴 藤井翠祥先生

本当に素敵な音色で、癒しと感動を届けてくださいました。

お忙しい中、引き受けてくださり心より感謝しております。

想いを届けたい…アイネクライネのガラスの世界

私には苦手なことがあって、自分の想いを伝えることが実は一番苦手だったりします。

言葉で伝えきれない想いを、作品に託したくなる。

そしてどう伝わるか…その人の価値感にゆだねられる訳なのですが

見た人の魂まで揺さぶる様な…想いを伝えられる作家になりたい!

すごい野望のもと、いやいや

単純に想いを表現したい…自分の魂に向き合った作品となります。

その作品こそ米津玄師さんの楽曲【アイネクライネ】

アイネクライネの世界観が大好きで、この曲に託して想いを届けたい…♪*゚そんな動画を作ってみたい!そんな野望とも言える私の願いを叶えるために作り上げたガラスシーンは22枚

完全に趣味の世界のガラスとして制作した自己満足ガラスとも言えるのですが…

夏頃から制作し始め、ついに完成しました。

すべて1枚1枚…デザインナイフで下処理をし、そしてサンドブラストの機械で圧縮した空気で砂をガラスに当てる。

単純な作業のようで繊細で…よりクオリティを求めてルーターで髪の毛1本1本表現しています。

制作風景と私の【想い】は娘が編集し私の趣味として。

そしてガラスで作る世界観の表現方法の一つとし、ニコ動にupさせて頂きました。

http://sp.nicovideo.jp/watch/sm34300439

原動力

言葉に宿る魂が言霊と言われるように、託した意思が言葉の方向に向かい、目標になる。
その言葉に託した想いは人を動かす、魂をゆすぶる原動力になるという事を、今私は勉強しています。

始め投じた私の言葉は、小さな石ころと一緒でした。

金照寺山でボランティアをしている親友から、観音様の話を聞き
自ら歩いた荒れた参道。
本当にけものみち?とすら思えてしまった参道にひっそりと佇む、美しい観音様。
もともと秋田市で管理され、整備されていたにもかかわらず
地元住民がボランティアとして立ち上がらなければならない程
時代とともに忘れ去られようとしている観音様という文化財を少しでも多くの方々に知っていただきたい。

【今】を変えたい。誰かにこの現状を届けたい。
何故なら、地元住民のボランティア自体高齢化に伴い
ボランティア自体存続の危機があったからです。

変えたい想いは、湖面に広がる水紋のように少しずつ広がり
多くの人が私の個展に、携わってくださっています。

そしてなぜ、観音さまなのか・・・何故ガラス彫刻なのか
想いを綴ったチラシを多くの方が気持ちよく受けてくださり
想いが伝わります様にと・・・ 願いと想いを叶える為に人の手から人の手へと・・・沢山のバトンになって広がろうとしております。

.jpg

会場にもなる秋田県生涯学習センター様。

会場の向かいでもある県立図書館様。

以前お世話になりましたまるごと市場様。

トラック市等イベントをさせて頂きました…道の駅東由利ぷれっそ様。

個展を開催させて頂きました道の駅西目様。

アテンダント様を彫らせていただきました由利高原鉄道様。

委託販売をおねがいしております、金浦温泉様。

そして新たにお願いして、置かせていただいております。

チャイナタウン様。

ジェイマルエー様。

アマノ様。

文化の杜交流館様。

北部エリアコミュニティセンター様。

ピネコグ様。

多くの皆様の善意でチラシを置かせていただけたり、ポスターとして貼らせていただいております。

ご縁に感謝しながら…再び個展を開催できるようになれたことも、これまで支えてくださいました、皆様のおかげだと感じております。

本当にありがとうございます。

開催は1月17日~2月13日と、秋田では厳しい寒さの時となってしまいますが…少しでも多くの方に個展のテーマでもある【想いを伝える】ことが出来たら嬉しく想います。

金照寺山へ

秋晴れの今日は観音様のボランティアをしているREISUIさんと、松渕会長さんのご案内で三十三観音を巡ってきました。

松渕会長さんから、A4 3枚に渡る『観音信仰』と『金照寺山と三十三観音』という資料を頂きました。

それには観音信仰が伝わった飛鳥時代に遡っての記述が…

本当に長い文化と歴史が、私たちの生活の中で信仰として受け継がれていることを改めて、考えさせられました。

そしていつも遊びに行くREISUIさん宅がある金照寺山になぜ、三十三体もの観音様があるのか…

そして今、歴史的財産とも言える観音様の保存や存続を秋田市管理から離れてしまった事。

それをきっかけに立ち上げられた、地元住民のボランティアの存在。

荒れ果てた山道を整備をするには、地域の高齢化問題…多くの問題を抱えながら、ボランティアとして活動し

奮闘するREISUIさんの姿に心動かされ、私は少しでも多くの方に、金照寺山の三十三観音の美しさと、歴史を知ってもらいたいと思い、この度ガラスで観音様の世界を表現してみようと思い至りました。

そして作り上げるガラスは、1月秋田県立生涯学習センターにて、展示予定となります。

三十三体にもなる観音様は、昭和11年から12年にかけて、平和を願い設置されたようです。

当時は腰掛け茶屋が立ち並ぶほどの賑わいだったようで、昭和11年6月19日の魁新聞では五千人を割り引いても三千人は集まったと伝えられたようです。

時は流れ参拝者も少なくなり、山道は荒れ果て

過日の台風の影響で一部木が倒れ込んでいたり、伸びた竹が薮のようになり

市内を見渡せる丘は視界をかなり遮られた場となっておりました。

その中に佇む観音様の姿は、優しくそれぞれの願いを込めて作られたと思われる佇まい。

私は本当にお逢い出来て、登ってこれて良かったと思いました。

文化財としても、地域信仰としても…守るべき存在と強く思い

広く知ってもらいたいと一心で、カメラにおさめてきた100枚以上の写真を整理しながら、制作に入りたいと思います。

絆を刻むガラス展(道の駅 にしめ)

絆を刻むガラス展

笑顔が人の絆に・・・
写真を残す様に、思い出をガラスに刻み、子どもの絵や成長を残すガラス彫刻の可能性を追求していく彫刻展です。

日時:2017年1月10日火曜日~1/30日日月曜日

9:00~18:00まで※最終日15:00まで

場所:道の駅 にしめ

秋田県由利本荘市西目町沼田字新道下1112-2
電話:0184-33-4260