娘の成人式

秋田市の成人式は穏やかな1月とは思えない、晴れの日でした。

多くの方が集まる晴れの日。娘の姿もそこにありました。

普段は離れて暮らす…娘。自立して2年が過ぎました。

日々の生活に追われて、立ち止まる余裕もなかった月日の様にも思います。

思い返せばいつも、必死でした。

全てが初めての経験で、出産もちょうど雪の多い2月。破水したように感じ、大仙から日赤に向かったのですが…大雪の影響で到着するまで2時間半。でも、破水はしておらず帰るにも遅い時間でしたので…そのまま一泊して翌日帰ることとなりました。

病室に上がり、違和感と張りを感じ看護婦さんへ。入院してから2時間後の出来事でした。。

モニターをつけた看護婦さんが慌て始め…緊急帝王切開となりました。

なんと胎盤早期剥離が発生していたのでした。大量出血を引き起こしたり、胎盤が剥がれ酸素がいかなくなることで…命の危険があったのです。

恐らく大雪のままで、自宅で発生していたのなら…そう考えると今でもゾッとします。

日付が変わりそうな深夜だったのに…麻酔医、産科医、小児科医師が偶然待機していたそうです。病棟の婦長さんにも、奇跡的だねと言われた言葉は今でも忘れられないです。

その日から…まもなく20年。

幼い子独特のワガママや癇癪が強いだけ…と思っていた日々の大変さは、発達障害と診断。

必死に自閉症の勉強をし、育児に向き合った日々でした。

こだわりが強く、自我が芽生えた頃…第2子の出産。

無事に産まれた次女でしたが…先天的に内蔵の位置に問題があったことが判明…生後1ヶ月で手術となりました。

本当に当時はパニックでした。

目の前のことをこなすこと…生きることに必死でした。

必死になりながら、私自身うつ病を発症…治療しながら、下の子の独特なこだわりを案じて受診しましたら、上の子同様…自閉症と診断されました。

障害と向き合う、手探りの毎日でした。

過ぎ去った日を考えると…今、どれだけ平和なのかを実感します。

一人で娘達を育てた経験は、本当の意味での強さと自信に変わりました。

二人の娘のおかげで、私は凛としていられます。看護師として、ガラス彫刻作家として…2つの仕事を持ち、自分らしく居られるのも娘達のおかげです。

趣味で…しかも独学で始めたガラス彫刻。今では私を支える大きな軸になりました。

そして成人式を迎えた娘へ…贈るガラス彫刻は、凛として前を向き歩いてゆけるようにと…願いを込めて制作致しました。

さり気ないインテリアとしても飾れる、成人式のガラス彫刻出来上がりました。

立体への挑戦

東京のサンドブラスト教室に行ってから、変わってゆく私の挑戦ガラス彫刻…♪*゚

生きているガラスを作りたい!その一言に尽きるのですが…まだまだ課題があり、試行錯誤をしながら1枚、仕上げることが出来ました。

趣味のガラスとして作りあげた作品

大好きな米津玄師さんを、表現したい!

大好きすぎて感銘を受けたアイネクライネの原画を22枚彫り上げるほどの私だったりする訳で…これまでの課題に向き合いつつ納得のいく作品

立体への挑戦

組む指の遠近感をだしつつ、鼻や口元。米津玄師さんの雰囲気までも再現したくて、向き合った作品となりました。

こちらも17日から始まる個展で展示したいと思います。

ガラス彫刻の世界をぜひ、ご体感頂きたいと思います。

うみがめの あしあと

2018年も間もなく終わろうとしております。

1年間多くの方に支えられ、たくさんのことを感じ考えさせられ年でもありました。

人との繋がりに救われ、心動かされ…表現者でありたいと切実に願い、ガラスに向きあってきました。

プライベートでは…入院した娘の代わりに、由利高原鉄道さんにカカシを届けたり…そんな娘も1月には退院予定となりました。

治療中長く感じた入院も、やっとゴールが見えてきました。

実は1月の個展会場の傍らで…娘の作品展示を予定しております。

【うみがめの あしあと】

叶芽という名の『な』を抜いて『かめ』と呼ばれていた時があります。嬉しい時、悲しい時色々な気持ちをそのまま作品にした『かめ』だからこそ表現出来た抽象画『心シリーズ』となります。

実は娘…2歳の時自閉症と診断されております。小学校高学年から症状の悪化が著しく、学校にも行けない時期が長くありました。

中学に進級した後も…高校生となった今も…おそらくまともに通えている日の方が数える程かと思います。

中学で養護学校に進学したことで、出会った友達に救われる一方で、また別の友達に傷つき躓いて…。

唯一の救いは表現する事でした。

きっかけは学校で応募したパラリンアートのサッカーコンテストでの受賞でした。

入選したことでパラリンアート登録作家となり、2018年エックスワン美がテーマのコンペで『虹のばら』優秀賞受賞

CYBERDYNE「人とロボットの未来」を描くデザインコンペ

思春期の娘『かめ』の心の葛藤はまさに時には破壊的で、その衝動が自分に向いて苦しむ…ながい長い、抜けられない闇と共にありました。自分の思いを伝えるのが苦手で、時には言葉にできない想いを表現し続けてきました。

そんな彼女が自らお披露目をしたい。誰かに見てもらいたい!という願いを叶えるため、今回個展会場に飾らせて頂ける運びとなりました。生きるエネルギーに満ちた『うみがめの あしあと』一緒にご覧いただけたら嬉しく思います。