カカシ募集の矢島駅へ

毎年由利高原鉄道では、各駅舎にカカシを飾り人気投票する【カカシ列車】のイベントがあります。

去年カカシ好き、という娘と一緒に見に行きました。

スヌーピーやミニオンズまで……各駅に並ぶカカシは、私のカカシという概念をこえ、それは立派なアート作品となりズラリと並んでいました。

感銘を受けた娘は、なんと『来年はカカシを作る!』宣言。

いゃぁ〜ウソでしょ笑

半分冗談と笑いつつ、忘れることを正直願っていた私です。何故ならカカシはみんな等身大ばかり。これどうやって運ぶの?と思っていた私がカカシを作るなんて、想像すらしてませんでした。

1年という月日に、私はすっかりカカシ制作の事を忘れていました。

ところが由利高原鉄道で、募集が始まった事を知った娘は、大好きなキャラ【王馬小吉】のカカシを作る!とハリキリ、カカシのレシピならぬ材料と製図を作り出す始末…その情熱に動かされ、材料を買いに連れてゆきました。

そして【王馬小吉】カカシを娘メインで、2人。ああでもない…こうでもないと、夢中で作り始めました。共同作業がこんなにも楽しかった事を知りました。

そしてあとは買い忘れた、軍手を付けるだけと思っていた矢先、娘…なんと大学病院へ入院してしまいました。

今年はカカシ、諦めよう。来年、参加しようと説得したのですが…

嫌な検査も頑張るから、【小吉】届けて!と懇願されました。もはやカカシではなく、【王馬小吉】となっていた様です。

娘のこだわり以上のカカシを作って、娘を喜ばせたい!その一心で残りの制作を、引き受けたのはカカシ締切3日前。

ひゃーっ思いながら、娘は軍手を付けて完成するだけと…私に託した訳です。

託された私との、カカシの日々が始まりました。

小吉と向き合う課題は沢山でした。

まず、衣装は娘が作っていったので、問題ありませんでしたが、どうすれば【王馬小吉】になれるのか…1番の課題でした。そもそも【王馬小吉】って?というお声が多いことと思います。ゲームのキャラという以外は、私も詳しくは分かりません…娘が好きだというだけで、お絵描きや画像で、これまで見てきたので作れちゃったり…こだわりたくなるわけです。

もう、作り始めると骨格から…と。

こだわりたくなる自分との闘いでした笑。

いや、肩はなで肩すぎる…とか、腕は構造的にこうだとか。

本当にクリエイターなんだなぁと実感しつつ、作ることを楽しんでいた私がいました。

髪の毛はくせ毛感を出すために……ワイヤーに黒の布の毛糸を接着し、微妙な雰囲気が似てきたと、1人喜びました。

反対側も手を加え、【小吉】カカシ完成しました。

本物に会う楽しみをupさせる為、あえてチェキ画像をメールで送りました。

そしてこれから出発すると伝えると……

厨二病的世界感の返信に、思わず笑ってしまいました。

そして無事に矢島駅に【小吉】カカシ届けてきました!

由利高原鉄道の【カカシ列車2018】は9/22から10/8まで運行予定だそうです。

外出許可を頂いて、【小吉】カカシに会いに行きたいと思います!

感謝を込めて…

先日、[バール街]に参加してきました。

一緒にでかけたのは、Reisuiさんと、Reisuiさんの旦那様。そして私の大切な友人と4人で秋田の夜

街飲み歩きをしました。

実はReisuiさんの旦那様とご一緒するのは、お初でもありました。

私は二人にどうしても渡したいガラスがありまして、製作して気がつきました。届けたい想いがあって、ワクワクしながら二人の笑顔を想像するわけです。

想いを託すガラスを彫ることが、どんなに幸せなことなのかと…しみじみ感じながら製作しておりました。

今は自分の想いを伝えたくて、懸命に作っているわけですが、普段オーダーされる方にとってはどんな想いがあって、伝えたい想いがあって…と、想像するとエンドレスで幸せホルモンがマックスになるという不思議な現象が起こるわけです。笑

果たしてどんなガラスなのかと言いますと、天使の羽音で頒布予定のガラスのデザインで、Reisuiさんがデザインを手がけ、形になった作品となります。

Reisuiさんのアイデアと、日頃からの私の感謝の想いを伝えたくて、作りました。

二つで一つになる羽根は、二人三脚で歩いてこられた二人への尊敬と感謝

Reisuiさんの旦那様にも、改めてReisuiさんと一緒に仕事をさせていただける事への感謝を伝えたかったのです。

そしてこの羽根のデザインは、天使の羽音の象徴でもあり、これから前に進むために…羽ばたくためにも必要な翼だったりします。

羽根に多くの想いを託して、今日もガラスに向き合います。